選書(大学図書館)

昨日,大学図書館員の方たちと一緒に選書について検討する機会がありました。あらためて,(心から)図書館における選書の重要性を認識しました。その重要性は,経済環境が悪化している今,特に高まっているように思います。

(1)  増加することのない予算(むしろ,縮小の圧力)
(2)  高騰する電子ジャーナルの価格
(3)  (2)のために圧迫される図書予算
(4) 利用者からの図書に対するさまざまな要望
(5) 選書担当者の頻繁な異動(ノウハウの消失)
(6) 現在の状況に適合しない選書方針・基準,などなど

図書を購入できる予算が減少すれば,必然的に購入できる図書の件数も少なくなるわけです。

かつて,10冊中9冊を選択し,購入できていたものが,1冊しか選択できなくなった場合に,どのように図書を選択すればよいのか。9冊を選べるときと,1冊しか選べないときでは,選書の仕方についても明らかに異なります。

図書を購入するという行為は,図書館の中で,継続的に行なわなければならない,待ったなしの業務です。

そのときどきの「経済・市場環境」,「利用者」,長期的に守っていくべき「図書館の経営理念」などをバランス良く考えながら,図書館員として「いま,この瞬間にどの図書を購入すべきなのか」ということを決めなければならないわけです。

高度な知識と経験が必要な専門的な業務であることに,間違いはないでしょう。

研究者としても,図書館員の方々と一緒になって,この問題について一生懸命に考えなければならないことだと思います。

図書館員の方々を心から応援しています。何かあれば,いつでもご連絡ください。

レビットのねじの穴。

“昨年度,4分の1インチのドリルが100万個販売できたのは,顧客が「4分の1インチのドリル」を欲したからではなく,「4分の1インチの穴」を欲したからである。”

と述べたのは,Theodore Levitt(セオドア・レビット)である。このたとえ話は,マーケティングでよく使われているものです。

図書館に限らず世の中を見わたしてみると,顧客のためといって無駄に作られたサービスが多い。

利用者は,図書館に何を求めているのか?あるいは,利用者が図書館に求めているもので,私たちが気がついていないものはないのか?そういったことを,もう一度考え直す必要もあるんだろうなぁ,と思わされる言葉です。

マーケティングを学んでいると,よく,「顧客に密着せよ」,「顧客を第一に考えろ」などと言われますが,一般的に,こういったことを言われても,具体的な業務に落とし込む際に,どう考えて良いかわからなくなってしまうわけです。「レビットのねじの穴」が私たちに教えてくれることは,あまり複雑に考えずに,「顧客の立場になって考える(自分が顧客だったらどう思うのか)」という,極めて単純だけれども,もっとも大切なことです。

純粋に利用者の視点に立ち戻って,図書館のサービスを考え直してみると,もしかしたら新しいサービスが見つかるかもしれませんね。