現場の図書館員にできること。

前の記事で,「図書館はどこかの組織に所属していることが多く,予算削減の波が図書館の外から押し寄せてくるので,経営環境としては非常に厳しい状況」と書きました。

先日,図書館長の方々とお話しする機会があったのですが,どの図書館も組織の上層部がかなり熱心に政治的な動きをしないと(動きをしても),現状を打開するのは非常に厳しい環境にあるのではないかと思っています。これは,民間企業でも同様のことで,例えば,組織変革において最もインパクトがあるのは,経営層の刷新である場合も多々あります。

「組織は上(管理職)から作る」のが,組織を構築する上での基本になっていることも,ここに理由があります。

ただ,現場の図書館員としては毎日の仕事があるわけで,経営環境や上層部が変わるまでは待っていられません。しかし,例えば,職員が削減されていくことを目の前にして,いつか予算が増えたらいいなと淡い希望を胸に祈っている間にも,一律○%の予算カットでさらに削減されてしまうのが現状なのだと思います。

そのような中で,現場の図書館員として何ができるのか。

それは,図書館の経営層から意見を求められたとき(例えば,翌年度の経営計画や予算策定のときなど)に,しっかりと意見を述べることです。そして,意見を述べる際に,少なくとも「図書館や図書館が所属する組織の経営環境で重要とされている論点をおさえていること」と「その主張が論理的に正しいこと」が必要になってくるのだと思います。

意見する場をもらったときに,①論点を外していたり,②思い込みの主張(ただのスローガン等)で論理が破綻しているようでは,せっかくの意見も聞いてもらえないということになってしまいます。

そして,このことができるようになるための大前提として,「図書館の経営組織や市場の実態を把握していること」が重要です。つまり,調査や分析をする(最後までやりきる)技能が必要になります。

例えば,現在の市場(世の中)はいったいどうなっているのか。利用者の本当の希望は何なのか。また,利用者はどのように図書館を使っているのか。そして,現在の図書館の組織で利用者の希望を叶えられるのか,etc…。

組織内の政治力や経営層の(誰かの)発言力が多分に影響することは避けることはできませんが,組織内で弱い立場になりがちな現場の図書館(員)として,まず行わなくてはならないことは,自分たちの努力でなんとかなる上記のことだと思います。

つまり,

 ①適切な論点の設定(※できれば長期的視点から)
 ②論理的に正しい主張

です。あとは,

 ③最後まで諦めない根性

でしょうか。図書館員が諦めてしまっては,図書館の未来はありませんから。

もちろん,「根拠に基づいた論理的に正しい主張」をするためには,座学と実務の両面からの研鑽が必要です。それを怠っては事を成すことはできません。

座学が必要になったら,ぜひ,図書館・情報学の大学院で学ぶことなども検討してみてください。熱き心で,共に研鑽して参りましょう。

コメントを残す